グループホームは認知症の専門機関

グループホームとは、介護保険法に定める指定居宅サービスのひとつで、「認知症対応型共同生活介護」が正式な名称です。

条文には「痴呆の状態にある要介護者について、その共同生活を営むべき住居において、入浴、排泄、食事等の介護等の日常生活上の世話及び機能訓練を行うサービス。」(法第7条第15項)とあります。

条文がこのように簡素であるため、各グループホームごとにその具体的サービスの内容、提供の仕方に特色が現れます。調理をグループホームに入居している認知症高齢者全員で行ったり、介護度に応じてユニットを分けたりとそれぞれのグループホームによって差異が生まれるのはこのためです。

グループホーム悠悠倶楽部では、「認知症の専門機関」としての位置づけを重視し、環境が許す限り認知症による障害の程度に関わらず入居していただいております。また、認知症を重い、軽いで振り分けをした上で、入居の判定をすることは認知症高齢者に対する偏見であるのではないか?という疑問を持ち、あくまでも本人の生活障害がグループホームに入居することで軽減されるかどうかを判断基準としています。

したがって、グループホームに入居する認知症高齢者の方々の理解力やできることには大きなばらつきがあります。一律のルールやスケジュールで介護することは難しく、必然的に「個人」に重点を置いた生活介護から始まります。グループホームは、サービスの期間に制限のない生活の場ですから、入居者の方々は数年にわたり生活されます。その中にばらばらだった個人がお互いに仲間であると認識する過程があります。初めから決められた集められたグループであるという考えではなく、日々の生活の中で絆が醸成されていくのではないかと考えています。

Comments are closed.